褐色脂肪細胞を活性化させる方法

褐色脂肪細胞を活性化させる方法

褐色脂肪細胞を利用したダイエットがこの頃注目されていますが、褐色脂肪細胞の働きを増すにはどうするべきでしょう。

 

外気温が下がると、体温を維持するために褐色脂肪細胞の働きが増しますので、気温が低いと体に思わせることが大事です。

 

運動をする時に、冷たく凍らせたペットボトルを持つことで、褐色脂肪細胞の働きが高まります。

 

首を前と後ろに交互に動かしつつ、手は平泳ぎをするように開いていきます。

 

両手には凍った水が入ったペットボトルを持ちます。

 

最後にお湯で手を温めます。同じ動作を5回程度繰り返します。

 

もう一つはシャワーを使ったダイエット方法です。

 

20℃と40℃のお湯を交互に5回くらい、首のあたりにかけます。

 

大体30秒ずつ交互にかけます。

 

首回りの褐色脂肪細胞の働きが活性化するよう、特にポイントを絞ってかけてもいいでしょう。

 

湯温を変えてシャワーをすると血圧が変わりやすいため、血管や心臓が弱い人は気をつけてください。

 

心臓が強くない人、血圧に問題があるという人、お年を召した人は専門医に尋ねてから実行するといいでしょう。

 

冬に冷温シャワーは負担が大きいですから、体にとってきつくない範囲での温度調節をしてください。

 

冷やすことともともと冷えていることは違います。

 

冷え症の人が褐色脂肪細胞を活発にできるわけではないので勘違いしないようにしましょう。

 

褐色脂肪細胞をうまく利用してダイエットに活かせると良いですね。