美白化粧品の成分

美白化粧品の成分

お肌のシミやくすみを解消するために美白化粧品を使う人が増えていますが、美白成分にはどんなものがあるのでしょう。

 

シミを解消する効果があるとして化粧品によく使われている美白成分には主に三種類あります。

 

メラニン色素の働きを阻害する栄養素に、ビタミンCやその誘導体があります。

 

お高めの美白化粧品の場合、美白にいい成分としてカミツレやプラセンタが使われています。

 

もう一つは紫外線によるダメージを抑制する抗酸化作用をもつ成分です。

 

多くの美白化粧品に含まれているといいます。

 

ビタミンCにも抗酸化作用はありますが、ほかにビタミンEやポリフェノール類などがあります。

 

肌のターンオーバーを助ける成分も、美白効果があるとしてよく使われています。

 

生成されたメラニン色素を体外に出すことが可能です。

 

フルーツ酸はメラニン色素が肌に沈着しないように防御する効果があると言われており、ピーリング化粧品によく使われています。

 

みずみずしく新しい肌が生成され、古く痛んだ皮膚が剥がれ落ちるように、皮膚の代謝を助ける成分が使われていることもあります。

 

肌の状態は人によって異なり、美白成分の種類も多いため、効果の高いもの、効果の薄いものがあります。

 

いつも使っている化粧品から美白化粧品に変えたら肌の調子が悪くなってしまったということもあります。

 

美白化粧品は使う前にサンプルなどでテストしてから使用することをおすすめします。