為替介入の効果

為替介入の効果

為替介入とは、日銀が一定の目的を持って外国為替市場で通貨売買を行うことをいいます。

 

たとえば、円売りドル買いの取引を行ない、過度な円高が進まないように円売り介入を行ないます。

 

通常は、ある国が自国の通貨を防衛するために自国だけで行われることが多いのですが、複数の国の当局が協議して同時に為替介入を行うこともあります。

 

アメリカの膨大な貿易赤字を減らすことを目的として、1985年に各国が協調して行なった為替介入などがその例です。

 

発表翌日にはドル円レートが1ドル235円から約20円下落したそうです。

 

為替介入の規模はその時の為替レートや相場にもより変わります。

 

2003年から2004年にかけて日本は37兆円もの介入をしました。

 

大規模な介入も関わらず、2004年には1ドル103円台まで円高が進んだため、介入の効果は疑問視されましたが、もしこの介入がなかったら更なる円高が進んでいたでしょう。

 

為替相場のトレンドをすぐさま変える力はないものの、介入は長期的に効果が効いてくるようなものと言えそうです。

 

為替への介入のやり方にはいくつかの種類があります。

 

単独介入とは、ある国が一国だけで介入を行なうものです。

 

委託介入というのは、たとえば日本が外国に為替介入を委託して為替介入を行なうことを指します。

 

協調介入というのは複数の通貨当局が協議のうえで行う為替介入です。

 

口先介入というのは政府などの要人が通貨のことに対して口先だけで介入することです。

 

日本以外の国では口先介入だけで相場が動くことが多いようです。

 

日本は構造的に円高になりやすい国なので、為替介入をして自国の通貨を守っているのです。