為替介入とは

為替介入とは

ニュースなどで、為替介入という言葉を見たり聞いたりした方もいらっしゃるでしょう。

 

為替介入とは、どのようなことをすることなのでしょうか。

 

為替介入とは、政府や日本銀行などの通貨当局が、外国為替市場で通貨を売買することをいいます。

 

為替介入は、為替レートやその動向に対して影響を及ぼすことを目的として行なわれます。

 

為替相場が混乱して行き過ぎた円高水準になったとします。

 

政府日銀は円を売りドルを買うという手段をとります。

 

ドル買いすることで、円の売り需要が発生し相場は円安へと向かいます。

 

為替を円安に向かわせるための介入は円売り介入と呼ばれています。

 

一方で、急激な円安の場合に行う介入もあります。

 

政府が保有するドルを売却し、円を買い戻すことで、円高に向かう流れを作るのです。

 

日本の輸出企業は基本的に、円安になると収益が上がりますし、円高になると収益が下がることになります。

 

日本企業も最近では海外生産拠点を作ったりするなどして円高対策を行なっています。

 

このため昔よりも円高への対応力がついてきています。

 

想定以上の円高になると企業収益はマイナスになってしまいます。

 

日銀が行う為替介入は今までずっと円高時に行われてきたようです。