為替レートの推移と政治

為替レートの推移と政治

為替レートは様々な要素によって推移します。

 

近年、為替に大きな影響を与えたものに、衆議院解散と総選挙があります。

 

総選挙後に一時的に上昇し、しばらく横ばい状態が続きました。

 

今は、為替レートは円安に推移しているようです。

 

上昇局面がしばらく続けば、以後は下降するのではないかと思われがちですが、そう簡単なものではありません。

 

特に政治関係での上昇、下落というのは難しいものです。

 

総選挙の後は新たな政治改革や法案が通るなど、政治面からの経済へのアプローチが大きく変動することになります。

 

国の経済への影響は予測しづらいものです。

 

保ち合い局面という言葉がありますが、さざ波のように上がったり、下がったりを繰り返すことで為替レートは小刻みに推移することがあります。

 

それ以外にも、韓国、中国との外交問題や、アメリカ大統領が誰になるか、EUの政策決定なども為替レートの推移に関与してくるものです。

 

どの国の通貨との為替レートを見るか、ドル円か、ユーロ円か、ウォン円かなどでも見るべき情報は変わります。

 

関係通貨の政治的情勢というものは必ず関係するものですから、為替レートの推移など様子を見ることが大切です。

 

リーマンショックが起きてから、全世界的な経済不況が継続しています。

 

遠い外国の出来事が、日本の経済に多大な影響を与えます。

 

為替レートの推移を知る時には、現在進行形で世界に何が起きているか、国内政治はどこに向かっているかも知ることです。