為替レートの推移とチャート

為替レートの推移とチャート

チャートを利用することで、為替レートの推移を把握することができるようになります。

 

ローソク足チャートは、一定時間ごとの為替レートの推移を独特な形状で表現したものです。

 

為替チャートを見ることで、どのように為替レートが推移しているかを把握できます。

 

売り手と買い手の勢力関係や投資家たちの動きなどが反映されているものなので、推移表と共にチェックしなくてはいけないものです。

 

ローソク足チャートは、時間単位ごとの始値、終値、高値、安値のそれぞれを1つのローソクの形で表現することで、4つの値を示します。

 

ローソク足チャートでは、上下にヒゲと呼ばれる部分が伸びており、その長さにも意味があります。

 

長い上ヒゲが伸びていると、一旦は上がった数字が下落していることを表しています。

 

一度下がった数字が再び上がっている場合、下ひげが長く伸びて表示されるようです。

 

ローソク足チャートの分析手法は幾通りもあります。

 

チャートの見方を理解することによって、為替取引を能動的に行うことができます。

 

為替レートの推移やチャートの見方を勉強する時に便利なのが、推移した時にあった経済情勢などを一緒に確認する事です。

 

例えばリーマンショック前後の為替レートの推移は、大きな変動を見せています。

 

じっくりと過去の為替レートの推移を追いたいという場合は、為替の動向と国家間の動きを合わせながら考えてみましょう。