為替レートの円安と円高

為替レートの円安と円高

円安、円高という言葉は、円の為替相場に関するニュースなどでよく聞く単語です。

 

耳にする機会は多いものの、意味がいまいちわからないという人も多いようです。

 

円安とは、円の価値が安くなることです。

 

1ドル=80円が1ドル=90円なると、円安です。

 

1ドルの商品を買うために、これまで80円で済んだものが、90円必要になるためです。

 

為替レートは円安方向へ向かったということになります。

 

円安になると、アメリカでは日本製品をより安価で購入することができます。

 

結果的に日本の輸出量が増えます。

 

反対に、アメリカから日本への輸出量は減ります。

 

日本からすれば、アメリカの商品が高く買いづらくなるためです。

 

この反対に、円の価値が相対的に高くなることが円高です。

 

円高とは、例えば1ドル100が95円になることです。

 

日本円に人気が集まり、多くの人が日本円を買おうとすることで価値が上がります。

 

日本の債券や株券を買う動きも、活発化していると判断できます。

 

アメリカ人が1ドル120円の時に日本の株を購入した場合、為替が1ドル100円になると株価が上昇しなくても為替差益で儲けることができます。

 

日本株を積極的に購入する外国人投資家も少なくありませんが、そういう人たちは為替レートの変動も考慮に入れています。

 

為替の仕組みを知り、円高、円安がそれぞれ輸入、輸出にどのような影響を及ぼすかを知ると、為替取引がしやすくなります。