為替レートが円安になった時のメリットとデメリット

為替レートが円安になった時のメリットとデメリット

円相場が円安方向に動いた時に、国内産業にもたらされる利点は何でしょう。

 

円安は、輸出企業の売上げが伸びるチャンスです。

 

販売価格を変えずとも、円安になれば輸出業の価格が下がります。

 

そのため海外の多くの人が日本の製品を買うようになるという仕組みです。

 

円安になれば輸出業の生産量が伸び、輸出企業の業績が伸びて賃金などに反映されます。

 

為替レートが円安になると株価も上昇します。

 

円安になると、海外の投資家は資金を日本円に注ぎ込み、円安のうちにと様々な株の銘柄を買い込む動きに移ります。

 

株が上がれば企業も様々な活動ができるようになります。

 

しかし、円安であることはいいことばかりではありません。

 

円安で打撃を受けるのは、輸入産業です。輸入品を高く売らなければならなくなるためです。

 

輸入全般に、今までより多くの日本円を注ぎ込まなければならないのが円安の特徴です。

 

その結果原油価格が上がり、エネルギー料金が上昇します。

 

輸入品の仕入値が円高の影響で高くなると、原材料を輸入に頼る会社も打撃を受けます。

 

連鎖的に商品の価格が上がると国内での消費が低迷することになるのです。

 

物が高くなれば、買う側も必要最低限以外の買い物を控えようとするでしょう。

 

円安はよい点だけでなく、欠点もあることを踏まえて為替を見る必要があるでしょう。