為替レートが円高になった時のメリットとデメリット

為替レートが円高になった時のメリットとデメリット

近年、円高状態が長く続いています。

 

円高は、国内の経済にどのような影響があるものなのでしょうか。

 

為替レートが円高になると、原油などの輸入物の実際の価格はそのままでも、仕入れの値段が下がります。

 

原油が安くなると、結果としてガソリンや灯油の値段が下がるという形になります。

 

電気やガスのようなエネルギー全体の価格が安くなることにつながります。

 

為替レートが円高になると海外旅行で安く買い物をすることができます。

 

1ドル=200円なら10万円で500ドル相当の買い物しかできませんが、1ドル=100円なら1000ドルぶんの買い物ができます。

 

輸入商品を仕入れるためのお金が少なく済むことも、円高の特徴です。

 

仕入れ必要な資金が下がれば、価格も低く抑えられます。

 

円高の影響で輸入品の仕入れが安くなれば円高セールも頻繁に行われるようになり、購買者の特にもなります。

 

円高にはメリットが多いようにも見えますが、欠点もあります。

 

円高になると輸出産業が苦しくなります。

 

日本国内でつくり、海外で販売するときの価格が高くなりますので、他の輸出国との競争が不利になります。

 

その結果、輸出産業の売上げが低下することになります。

 

海外の投資家も株価が頭打ちしたり低迷の予兆が見え出すと、為替損益が発生する前に早めに利益を確定しだします。

 

結果的に、海外の投資家が日本円から資金を指導させることで、円高がストップするわけです。

 

円高、円安それぞれに国内の輸出、輸入産業への影響は大きいことを理解しつつ為替をチェックしてください。