FXチャートの見方

FXチャートの見方

読み方を覚えなければ、FXのチャートは使えません。

 

少額投資でも有効に活用できる方法としてFXが注目されていますが、FXをするには為替の値動きを推測する力がいります。

 

為替の将来的な値動きを知るためには、FXチャートを活用するといいでしょう。

 

FXで使われるチャートは、基本的に横軸を時間帯、縦軸に為替レートをとっています。

 

時間軸をどう設定するかによって、一分足、五分足、日足、月足など様々なものがあります。

 

チャートの一つ一つがロウソクに似ていることからロウソク足チャートと呼ばれる為替チャートの表は、FXではごく一般的なものです。

 

黒いロウソクは陰線、白いロウソクは陽線です。

 

太い部分実線と呼び、細い部分をひげといいます。

 

時間軸ごとにロウソクが1つずつという形です。

 

陽線はレートが上がった時、陰線はレートが下がったときの記号です。

 

FXチャートを読み取る時に、知っておきたい基本事項は何でしょう。

 

実践が長い場合は継続する可能性が高く、ひげが長い場合にはひげの方向と逆の力が強いということです。

 

為替チャートでの予想は機械的に読みとれるものではなく、長年の実戦に基づく知識や経験則が役立つ世界です。

 

今までの値動きから、これからの値動きを予測するのが、為替チャートを扱う際の前提です。

 

幾つかの分析手段と組み合わせつつ、FX取引に活かしていくことです。