外国為替市場と取引形態

外国為替市場と取引形態

外国為替市場にはどんな取引があるでしょう。

 

スポットと言われる現時点で通貨の交換を行う直物がひとつ。

 

先物売買としてフォーワードと呼ばれる、これ以後の取引をするものもあります。

 

スワップも、外国為替市場の取引形態のひとつです。

 

直物と先物との組み合わせや、先物と先物との組み合わせで取引を成立させる為替スワップという方法もあり、組み合わせ方は色々なものがあります。

 

スワップ取引というのは、外国為替市場の中で、一番多い取引の形態で、全体の半数以上を占めています。

 

外国為替のディーラーだけでなく、スワップディーラーのいる銀行もあります。

 

カバー取引や収益獲得をする為のスワップディーリングという直物と先物を組み合わせた取引などを行っています。

 

外貨での融資を希望するような顧客がいた場合に、銀行はスワップディーリングを行って外貨を得るなどしています。

 

一方、外国為替証拠金取引では参加者が各々のポジションを持っており、それを使った売買をします。

 

為替取引で使われている基本的な用語や用法を理解しておくことで、外国為替市場の取引が円滑に進められます。

 

銀行や外国為替の仲介業者などのサイトに書いてある用語集を読んだり、取引シュミレーションを利用して外国為替市場の取引に慣れる事が必要です。