戦後の円ドル為替の相場

戦後の円ドル為替の相場

円ドルの関係は、世界史の中で起きたことや、国内の状況によって変化しています。

 

第二次世界大戦から現代に至るまで、円ドルにはどんな変化があったものなのでしょう。

 

関東大震災以降、円安であるにも関わらず当時の首相と大蔵大臣が旧平価に近い水準で金を解禁したことによって、大幅な物価の切り下げを強いることになりました。

 

このために企業収益はますます悪くなり、倒産する会社が増え、失業率が高くなりました。

 

昭和恐慌から軍の政治介入まで、様々なことの要因になっています。

 

英ポンドが1931年に金本位制から離脱したことに続き、日本も金本位制をやめました。

 

以後円ドルは円安に動き、物の価格が急速に上がっていきました。

 

1ドル5円で推移していたのは1932年の時点でしたが、第二次大戦が終戦を迎えてからは1ドル15円に到達しました。

 

どんどんインフレが進行し、1947年3月には1ドル50円、1948年7月には1ドル270円の為替相場となったのです。

 

1949年、司令部から日本政府にもたらされた通達では、1ドルは360円という状態でした。

 

ベトナム戦争の後アメリカの経済が疲弊しそれをきっかけに1973年には主要国通貨は変動相場制へと移行することになりました。

 

後にアメリカのドルは持ち直し、1978年時点で1ドル176円、1982年に1ドル276円になりました。

 

オイルショック、イラン・イラク戦争が関係しています。

 

実需原則がある頃は変動相場制を利用した為替差益は得られませんでしたが、1984年に撤廃されました。

 

1ドル当たりの戦後最安値はしばらく1995年の79円75銭でしたが、2011年に東日本大震災があり、1ドルの為替レートは76円25銭となり、その後75円32銭へと推移しています。

 

為替取引をする場合にはこのような過去の円とドルの歴史から相場の推移を予測することも大切です。