円ドル為替の戦前までの歴史について

円ドル為替の戦前までの歴史について

最近は為替の売買で利益を出している人も多いですが、円ドルにはどんな関係があるものなのでしょう。

 

実は円ドルの歴史はそれほど長いものではありません。

 

円は1871年に1ドル1円の為替相場で誕生しました。

 

けれども、1ドル=1円の状態は長くは続きませんでした。

 

1877年の西南戦争の費用のために兌換紙幣がどんどん発行され、インフレになったためです。

 

日清戦争の賠償金で英ポンドを得たことが、日本が本格的な金本位制に移る契機になりました。

 

1944年のことで、英ポンドを日本円にするために、金に交換するプロセスを得るためです。

 

この頃の為替相場は1ドル=2円強で、金本位制は1897年から1917年まで続きました。

 

第一次世界大戦ではヨーロッパ諸国に変わって、日本の物資が世界中に輸出されたので、経常収支は大幅黒字となって、為替相場は1円2ドル以下と円高になったといいます。

 

第一次世界大戦が終戦を迎えた1918年から、日本の経済情勢は悪化します。

 

1923年の関東大震災によってさらに円の為替相場は急落しました。

 

1ドル2円63銭の円安となったそうです。

 

経済情勢の悪化を食い止めるために、日本円を金本位制に戻すという案が浮上してきていました。

 

結果的には、円安状態の中で旧平価と同等の水準で金を解禁するという措置を、内閣はとりました。

 

結果的に企業が続々と倒産し、収入が悪化し、昭和恐慌が起きることになりました。

 

軍部の発言権が強まるきっかけにもなっています。

 

円ドルの為替相場はさまざまな歴史上の出来事と共に推移していることがわかります。