日焼け止めで徹底した紫外線対策でシミのない肌へ

日焼け止めで徹底した紫外線対策でシミのない肌へ

皮膚が紫外線を浴び続けていると、ダメージが蓄積してたるみやしわを増やします。日やけ止めクリーム等を塗って肌の日焼けを予防することで、紫外線B波の作用を減らすことができます。紫外線にはA波とB波がありますが、このうちのA波はガラス窓程度なら透過して室内に入ってしまうので要注意です。春から夏にかけては紫外線の量が多くなりますので、特に紫外線対策に力を入れましょう。日の出時間が早い季節では、朝、起きた時には窓から太陽の光が入っていることもあります。外の様子をうかがおうとちょっと顔を出してだけでも、紫外線の影響が肌に出やすくなります。日頃から、起床後にカーテンを開けるのはスキンケアや日焼け対策を終わらせてからにするといいでしょう。カーテンを開けて太陽の光を室内に入れるより前に、洗顔を済ませてスキンケアと日やけ止めクリームの使用を終わらせてしまいましょう。日常的に気軽に使うことができるようにと、薄くのばすことができる日やけ止めクリームも人気です。クリームを薄く伸ばせるものが人気がありますが、薄くつけすぎると紫外線対策効果も今一つです。少しずつ使おうと、ぎりぎりまで薄くのばして日やけ止めクリームを使っていると、商品の性能を引き出せません。紫外線の影響で、肌のたるみやしわが増えたり、乾燥しやすくなっては大変ですので、紫外線対策が重要です。