切らないワキガの治療方法

切らないワキガの治療方法

ワキガ手術には様々な方法があります。

 

中にはメスを使わないものもあり、電気による治療法や、発汗を抑える薬液を注入する治療法もあります。

 

発汗を抑える薬は、ボトックスといいます。

 

額のしわを消す治療や、多汗症の治療にも使われる比較的メジャーな薬剤といえるでしょう。

 

ワキガの原因となるワキの下の汗をこれ以上かかないように、ボトックスをワキに注入するという仕組みです。

 

効果に永続性がないことがボトックスのネックです。

 

治療効果が弱くなったら、再びボトックスを注射することになります。

 

インフォレーゼ法というワキガ治療は、特殊な溶液に浸したガーゼを脇の下に当てて電流を流します。

 

アポクリン汗腺やエクリン汗腺などを閉じてしまうワキガの治療方法です。

 

ワキガの治療法に、電気分解法という方法があります。

 

汗腺に針を挿入し、高周波の電気を流し込むことでアポクリン汗腺にダメージを与え、ワキガ臭を消すというものです。

 

個々の汗腺口にそれぞれ針を刺し、電流を流すという手順になるので、時間がかかります。

 

麻酔を使ってはいけないエステでの電気分解法は、相当な痛みがあるとされています。

 

メスを使わない方法を希望するという人もいるようです。

 

治療効果が持続する期間が短かったり、痛みがともったりと手軽な分一時的な効果しかない治療方法も多くあります。

 

ワキガの治療を考える際には、しっかりと情報集して比較検討することをおすすめします。