切除法によるワキガ手術

切除法によるワキガ手術

ワキガがコンプレックスになっている人は多いようですが、手術での治療は可能でしょうか。

 

ワキガの手術は昔から行われていますが、その中でも古い方法として切除法という方法があります。

 

切除法では、ワキガ臭の源となる、毛のある部分の皮脂腺、毛根、汗腺などを除去します。

 

手術では、ワキの下2センチ〜5センチを除去することになります。

 

わきの下の皮膚は数センチ以上の幅があるので、ワキガの原因となるアポクリン腺を手術によってすべて取り除くことはなかなか難しいようです。

 

ワキガ手術の後の傷はかなり目立ち、ひきつれを起こすこともあるようです。

 

ワキガの手術がきっかけで、腕がうまく動かせなくなるという人もいます。

 

神経に影響が出て、むくむ場合もあります。

 

広範囲を手術するため、なかなか治りづらいようです。

 

色々なワキガ手術がありますが、その中でも切除法は難しい点が多いようです。

 

アポクリン汗腺を一本残らず取りさることは、切除法では困難だとされています。

 

切除法によるワキガ手術は、最近ほとんど行われていない方法だといいます。

 

もっと簡単でデメリットの少ないワキガの手術方法が他にもあるので、最新のワキガの手術方法にはどんなものがあるのか調べてみると良いでしょう。