ワキガ手術の種類

ワキガ手術の種類

ワキガの手術にはどのような種類があるかご存じでしょうか。

 

昔は、ワキガ手術というと、原因となっている部分を切り取ってしまう方法が多かったようです。

 

ワキガの手術法の1つに切除法があります。

 

ワキガ手術の原点とも言える方法ですが、傷跡が大きいなどの問題があるため現在ではほとんど行なわれません。

 

手術には削除法というやり方もあります。

 

皮膚を切り開き、特別な器具を中に挿入してワキガの原因組織を除いてしまうものです。

 

器具を使って汗腺と皮脂腺を削除するのがワキガの削除法です。

 

手術の傷跡は少ないですが、皮膚が薄くなってしまうようです。

 

剪徐法というのは、皮膚を約3pほど切開してアポクリン腺を取り除くワキガの手術方法です。

 

これは医師が直接対象となる部位を目視しながら行ないますので、最も効果的なワキガ手術であるとされています。

 

吸引法は脇の下を数ミリほど切り、そこから器具を入れて汗腺を吸い出します。

 

医師が部位を直接的に目視しながら行なう方法ではないため、汗腺を完全に取り除くことが難しく効果が低くなる危険があります。

 

最先端のワキガの手術法として注目を集めてきているものに、超音波法という手術方法があります。

 

わきの下を数ミリ切開して、超音波を発生する器具を挿入します。

 

超音波で汗腺を破壊してワキガを解消するのです。

 

ワキガの手術方法は実に様々なものがあるので、クリニックで事前にカウンセリングを受けてから選ぶようにしましょう。