しわの種類によって異なる対策方法

しわの種類によって異なる対策方法

鏡の中に映る自分の顔を見て、しわやシミが原因で老けたと感じることがあります。肌の状態は人よって違うため、なぜたるみやしわが多いかはケースバイケースです。どういう成り立ちでできたしわなのかで対策の立て方は異なりますので、手始めにしわをよく観察しましょう。比較若い方でも見られる小じわは、目や口の周りにできやすいものです。お肌が乾燥しないように十分に水分を供給することで、こじわの増加を予防することが可能です。縮緬の布地のように、小さなしわが密集している部位があったら、そこはちりめんじわです。急激なダイエットや病気などによる短期間での体重減少や脱水症状のほかにも栄養失調などが原因となります。不健康な体を健康体にすることで、ちりめんじわを減らすことができますので、スキンケアと健康増進に力を入れましょう。表情がよく変わる人は、表情筋の動きに伴って表情じわが多くできるようになります。同じ動きが長年続くことが原因となって、しわが固定化されて、次第にしわが深くなっていきます。表情筋の使い方がワンパターンにならないようにエクササイズをしてよく動かしたり、顔の皮膚を固くならないようにマッサージします。顔にしわがあると、若々しく見えた顔が急老いて見えてしまいますので、普段からしわ対策のスキンケアを十分に行っておきましょう。