目尻のしわが出来てしまう原因とすぐにできる対策とは

目尻のしわが出来てしまう原因とすぐにできる対策とは

それまで、あまり意識していなかったしわに、突然気づいたという経験をする人がいます。日々のお手入れをきちんとしているつもりでも、加齢などが原因でしわは多くなります。しわを隠すためのファンデーションも、つけ方によってはしわが悪目立ちして、年をとって見える原因になります。目尻にはしわができやすい原因として挙げられるのは、目の周りの皮膚がとても薄いことにあります。目の近くは、毎日アイメイクを施す人が多いことから、皮膚への負担が大きくなりやすく、クレンジングによって乾燥もしやすくなります。目の周りの皮膚をアイリムーバーでいじりすぎたり、顔を拭く時にタオルで目元を強くこすったりすると、皮膚が痛みやすくなるものです。顔全体を覆っている表情筋が、運動不足や年齢の影響で弱ってしまい、皮膚を支えられずにしわの元になることがあります。しわができる理由がメイクにあると理解していても、アイメイクをせずに出勤や外出は困難なので、対策が重要になってきます。保湿ケアの基本は化粧水や乳液ですが、目元の皮膚は薄いため、水分を浸透させることが難しくなっています。特に保湿効果の高いコラーゲンや、ヒアルロン酸などが多く含まれる美容液を押さえるように塗ることで対策することがおすすめです。皮膚をキープする表情筋をより強くするために、普段使っていない表情筋の筋肉を使う運動をしましょう。皮膚を乾燥させないために美容液や保湿クリームを使って目の周囲に水分を補うことや、表情筋を強化して目元のたるみを解消することが重要です。