メタボ予防のため中高年におすすめの日常的に心がける食事と運動

メタボ予防のため中高年におすすめの日常的に心がける食事と運動

メタボは腹囲を測って判定されますが、その理由は腹囲に付いた脂肪は、内臓に付いた脂肪の量と相関関係があるからです。

 

メタボになると血圧、循環器系疾患、しいては脳梗塞など深刻な疾病の確率が高まります。

 

メタボを予防すれば、これら疾病の予防に直結するわけですが、お腹が前に突き出してしまってからでは遅すぎます。

 

お腹がぽっこり出てしまう前に予防策を考えなくてはなりません。

 

生活習慣の改善がメタボ対策では大事です。

 

規則正しい睡眠時間と、食事の習慣を確保しましょう。

 

十分に眠れない生活が続くと体重が増加しやすいので、決まった時間に寝るようにします。

 

食事に関しては、繊維質、コラーゲン、ビタミン、タンパク質の豊富な食材を選ぶのがポイントです。

 

負担のかかりすぎる激しい運動は、身体に悪影響を及ぼすこともあるので、ムリなく続けられるウォーキングや水泳がおすすめです。

 

日常的なことの積み重ねで、メタボを予防することができます。

 

すでにメタボと診断されてしまった場合は、医師や栄養士など専門家の指導を受けて生活習慣を改善する方法があります。

 

メタボリック症候群は、その後の対応次第でいくらでも改善が可能ですので、諦めてしまわないようにしましょう。

 

メタボの対策はそれほど専門的なことではありませんので、普段と変わらない生活の中に対策法を取り入れることも可能です。