気になるコレステロールを食事で改善する時には

気になるコレステロールを食事で改善する時には

健康診断などで、コレステロールが高いことを指摘されたことはないでしょうか。

 

コレステロールを抑えるために必要なことは、毎日の食事の見直しと、適切な運動の習慣にあります。

 

脂っぽい食事を減らせば良いイメージがありますが、具体的にどんな食事を心がけたらいいのでしょうか。

 

鰯、ブリ、アジなど、背の青い魚を意識して食べることが、コレステロールにはいいと言われています。

 

ドコサヘキサエン酸や、エイコサペンタエン酸は、血液に含まれている中性脂肪を減らす効果があり、アジやブリ等に豊富です。

 

エイコサペンタエン酸や、ドコサヘキサエン酸を積極的に摂取することで、動脈硬化を引き起こすコレステロールを少なくする効果を得ることが可能になります。

 

青魚を調理する時には、熱をかけすぎないようにしましょう。

 

ドコサヘキサエン酸も、エイコサペンタエン酸も、熱に弱い成分です。

 

食事で青魚を食べることが難しいという人は、エイコサペンタエン酸や、ドコサヘキサエン酸のサプリメントもおすすめです。

 

コレステロール値を下げるために、ダイエットに励む人もいますが、やみくもに食事制限をしていたのでは、効果がありません。

 

ダイエットのために食事を見直す場合、炭水化物や、糖質を減らす人は多いですが、反動で肉や卵が多くなることもあります。

 

コレステロールを下げるにはただ体重を減らせばいいというものではなく、食事のうちどれを減らすかを検討することが大事です。

 

コレステロールが上がらないように食事の内容を改善したい場合、食事では海草や野菜、フルーツ等を意識して献立に組み込みましょう。