にきび跡のクレーターが変化してしまった場合の対処方法

にきび跡のクレーターが変化してしまった場合の対処方法

にきびの悩みは、若い頃だけでなく、成人してからも起きることがよくあります。

 

にきびのトラブルにはにきび跡という、にきびがあった場所に痕跡が残ってしまうケースがあります。

 

にきびクレーターや、にきびの場所にあったシミが、にきび跡と見なされています。

 

にきび跡でも、表層に残っているだけなら、お肌のターンオーバーに伴って段々と薄く目立たなくなります。

 

しかし、にきび跡がクレーターになっているなら、皮膚のでこぼこが細胞の深層にまで影響を与えており、簡単に治るものではありません。

 

クレーターが皮膚の深部にまで到達してしまった場合は、時間の経過で症状が緩和することはありません。

 

にきび跡がクレーターになるか、シミで終わるかを識別することは、とても難しいものです。

 

にきびがなくなった直後はシミだった部分が、だんだんとクレーターになっていく可能性も存在します。

 

にきび跡は、家庭のケアで改善できるものではないので、必要に応じて皮膚科に通い、適切な処置を受けるようにするといいでしょう。

 

にきび予防に大切なことは、健康的な生活と、バランスのとれた食事です。

 

質のいい睡眠を確保することや、コラーゲンなどの美肌成分を含む食事をすること、肌によくない食事は控えることも重要です。

 

正しい洗顔のやり方を覚えて実践することや、自分の肌に合うスキンケア用品を使うことも、にきびの予防効果が期待できます。