にきび跡のクレーターにはレーザー治療が効果的

にきび跡のクレーターにはレーザー治療が効果的

もしも、にきび跡がクレーター状になってしまった場合は、レーザーでの治療が可能です。

 

表皮を突き抜けて真皮層まで到達した肌のくぼみや、いつまでもシミが残ってしまったりと、にきび跡は色々なものがあります。

 

にきびの症状がひどかった場合に、クレーターの跡が残る可能性が少なからずあります。

 

にきび跡がいくつもクレーターをつくると、ミカンの皮の表面のようにでこぼこした状態になります。

 

皮膚に凹凸ができるためファンデーションがのカムフラージュが難しく、自然回復もなかなか進みません。

 

クレーターの目立たないお肌になりたい場合は、皮膚科の医院に行って診察してもらいましょう。

 

クレーターができているということは、皮膚の表皮を通り抜け、真皮まで到達しています。

 

新しい肌細胞が、肌のダメージを修復してくれるのは表皮までの話であり、真皮まで傷つくと、新しい細胞での修復はできません。

 

フォトフェイシャル、ケミカルビーリング、レーザー治療といった方法の中から、適切な手段で治療を行います。

 

クリニックの多くは、レーザーを使ってにきび跡クレーターを治療します。

 

レーザーの光は深い場所まで届くので、新たな細胞がつくられやすくなります。

 

真皮層まで傷つき、クレーターになったにきび跡部分も、レーザー治療を施すことでコラーゲンが増加し、肌の細胞を蘇らせる効果が期待できます。