にきび予防に効果的な洗顔

にきび予防に効果的な洗顔

肌を汚れのない清潔な状態に保つことが、にきびの予防になります。

 

洗いすぎやこすりすぎはにきびの予防どころか肌トラブルの原因を自ら作っているようなものですので、予防のために欠かせないことは洗顔ですがやり方に注意が必要です。

 

顔をこまめに洗えばいいというものでもなく、洗顔料で洗浄力の強いものを使えば予防になるともいえないようです。

 

1日2回朝と晩の洗顔で十分だといいます。

 

あまり洗いすぎると落としすぎてしまうのが、皮膚に必要な皮脂です。

 

夏は皮脂の分泌が多くなりやすく、冬は乾燥して肌の水分が失われがちです。

 

洗顔後の保湿ケアも含め、季節に合ったお手入れがにきび予防につながります。

 

肌をこすらず、泡で包み込むように洗うことが、洗顔の基本だといえます。

 

よく泡立てたきめ細かな泡で優しく洗いますが、ヘアキャップやタオルで髪をまとめ、顔全体を洗いやすい状態にしてからが良いでしょう。

 

洗顔料で洗い終わったら、しっかりぬるま湯ですすぎましょう。

 

肌の負担になり、にきびの原因にもなりますので洗い残しはないようにしましょう。

 

顔に押し当てるようにして水分をぬぐいますので、吸水力の良いタオルを使います。

 

重要なのは肌タイプに合う洗顔料を使用することでしょう。

 

洗顔料のサンプルやトライアルセットで確認をするなどして、自分の肌に合うものを見つけてください。

 

にきび予防のためにスキンケアの基礎となる洗顔はしっかり行うようにしましょう。