にきびができた時のメイクは要注意

にきびができた時のメイクは要注意

どのような関係がにきびと化粧品にはあるのでしょうか。

 

メイクは女性にとって身だしなみのひとつといってもいいのではないでしょうか。

 

メイクをするようになってから、にきびができやすくなったという人は少なくないようです。

 

コンシーラーやファンデーションでつい厚塗りをしてしまう人が、にきびができてしまうといるようで、隠すためにそうしてしまうのでしょう。

 

にきびにとって逆効果なのは、お肌への化粧品による刺激だといいます。

 

少しでもにきびを隠したいという気持ちは無理もないでしょう。

 

大人にきびができてしまった場合は無添加の化粧品でのナチュラルメイクを心がけるよう、注意しましょう。

 

リキッドタイプではなくパウダータイプが、にきびができてしまった場合のベースメイクには良いのはないでしょうか。

 

リキッドタイプの化粧品は乳化剤という界面活性剤を使っていることが多いでしょう。

 

場合によってはにきび肌を刺激してしまうことも、残留性や肌への浸透性が強いのであるようです。

 

美容液などで肌をメイク前に保湿しておくだけでも、パウダータイプは粉浮きしてしまうという印象がありますが、かなり違ってくるでしょう。

 

つよくこするとにきびを刺激してしまうので、パウダータイプの化粧品をお肌につける時はスポンジやブラシを使うことが多いですが要注意だといえるでしょう。

 

パウダータイプの化粧品を使うとにきびができてしまうという場合、スポンジやブラシの扱いに原因がある場合があります。