にきび痕の原因

にきび痕の原因

皮膚が炎症を起こしている状態が、にきび痕の原因になるにきびです。

 

にきびがにきび痕になるのは、できたにきびの重症度によります。

 

皮膚表面でのみ炎症は起きていますので、にきび痕になることは、にきびが軽度の場合はまずないでしょう。

 

にきびができると角質が厚い人は悪化しやすく、にきび痕ができやすい人が多いので注意が必要です。

 

肌への刺激物をにきびの原因菌は生産しているため、皮膚細胞をにきびが悪化すると壊してしまいやすくなるといいます。

 

肌の表面には表皮があり、表皮の下には真皮があります。

 

真皮は表皮となり、古くなった表皮は剥がれていくのは、肌は常に新陳代謝をしているからです。

 

にきびの炎症で真皮だけでなく真皮を作る組織までダメージを負うと、真皮が作られにくくなってにきび痕になってしまいます。

 

場合によってはにきびの痕のへこみが、にきびの炎症が強かったり、アレルギー体質だったりすると、大きくなってしまうこともあるといいます。

 

不摂生によるにきびや思春期のにきびは、その原因がなくなればにきびも治るといえます。

 

にきびは大人になってからできる場合、より根本的な問題があるといいます。

 

大人にきびができる環境を取り除かなければ、次々とにきびができて対応が追いつかず、ますますにきび痕を増やしてしまいかねないので注意しましょう。