にきび

にきび記事一覧

にきび予防の食べ物

バランスの良い食生活が重要なのが、にきびの予防です。皮脂の過剰分泌は糖質や油分の摂りすぎが原因となり、にきびは皮脂の過剰分泌が原因だからだそうです。インスタント食品やスナック菓子の食べ過ぎが原因で、にきびの炎症は悪化するといいます。炭水化物の過剰摂取にも気を付けましょう。とくに脂質も糖質も摂りすぎな...

≫続きを読む

 

にきび予防に用いる化粧品

思春期だけでなく、大人になっても深刻な悩みとなるのが、にきび予防です。化粧品の多用はにきびを悪化させてしまう場合がありますが、社会人になるとメイクは必須です。化粧をにきびのできた部分にはしないようにという指導をする皮膚科もあるといいます。ついつい濃いファンデーションでにきびは覆い隠したくなってしまい...

≫続きを読む

 

にきび予防に効果的な洗顔

肌を汚れのない清潔な状態に保つことが、にきびの予防になります。洗いすぎやこすりすぎはにきびの予防どころか肌トラブルの原因を自ら作っているようなものですので、予防のために欠かせないことは洗顔ですがやり方に注意が必要です。顔をこまめに洗えばいいというものでもなく、洗顔料で洗浄力の強いものを使えば予防にな...

≫続きを読む

 

にきび痕の原因

皮膚が炎症を起こしている状態が、にきび痕の原因になるにきびです。にきびがにきび痕になるのは、できたにきびの重症度によります。皮膚表面でのみ炎症は起きていますので、にきび痕になることは、にきびが軽度の場合はまずないでしょう。にきびができると角質が厚い人は悪化しやすく、にきび痕ができやすい人が多いので注...

≫続きを読む

 

にきびができた時のメイクは要注意

どのような関係がにきびと化粧品にはあるのでしょうか。メイクは女性にとって身だしなみのひとつといってもいいのではないでしょうか。メイクをするようになってから、にきびができやすくなったという人は少なくないようです。コンシーラーやファンデーションでつい厚塗りをしてしまう人が、にきびができてしまうといるよう...

≫続きを読む

 

にきび痕の種類と対策

いくつかの種類があり症状に応じて対応策が異なるのが、にきび痕です。色素沈着で残ってしまうにきび痕は、メラニン色素が表皮に残す肌のシミのようなものです。痕が表皮にできたものなら、わずかづつでも時間の経過によって薄くなっていくものです。どんなに時間をかけても、真皮層にできたメラニン色素のにきび痕を消すの...

≫続きを読む

 

にきびへの化粧品の使い方

化粧品はにきびの場合どのように使ったら良いのでしょうか。成人してからも、にきびに悩む人は多く、にきびは10代のシンボルともいえなくなっています。主なにきびの要因は、皮膚に炎症が皮脂汚れが毛穴に詰まって起きてしまうことだそうです。後でにきびの痕を残さない秘訣は、適切な対応をまだ初期のうちに取っておくこ...

≫続きを読む

 

にきび跡のクレーターにはレーザー治療が効果的

もしも、にきび跡がクレーター状になってしまった場合は、レーザーでの治療が可能です。表皮を突き抜けて真皮層まで到達した肌のくぼみや、いつまでもシミが残ってしまったりと、にきび跡は色々なものがあります。にきびの症状がひどかった場合に、クレーターの跡が残る可能性が少なからずあります。にきび跡がいくつもクレ...

≫続きを読む

 

にきび跡のクレーターを治すための方法について

にきび跡のクレーターを綺麗に治すためにはどんな方法が効果的なのでしょうか。一旦お肌にクレーターができると、悪目立ちしてしまいますので、元に戻したいと考えるものです。お肌のケアをしているのに、クレーター状の部分は治らないと、悩んでいる人は大勢います。お肌にできたにきびの症状が悪化した時に、炎症が原因で...

≫続きを読む

 

にきび跡のクレーターが変化してしまった場合の対処方法

にきびの悩みは、若い頃だけでなく、成人してからも起きることがよくあります。にきびのトラブルにはにきび跡という、にきびがあった場所に痕跡が残ってしまうケースがあります。にきびクレーターや、にきびの場所にあったシミが、にきび跡と見なされています。にきび跡でも、表層に残っているだけなら、お肌のターンオーバ...

≫続きを読む