手軽な方法として知られている多汗症の手術

手軽な方法として知られている多汗症の手術

多汗症の治療にはいくつかの方法がありますが、代表的なものの一つがボトックス注射です。多汗症は自分ではコントロールできない症状で、人前で汗だくになってしまい困る人も多くいます。多汗症は、体質によるものと、何らかの疾患の影響によるものとがあります。治療を施して多汗症を改善する場合は、病気などの原因がない場合に限ります。ボトックス注射は、多汗症を治療する際に、多くのクリニックが行っているものです。これは、発汗の原因となるエクリン汗腺の働きを抑えるという治療方法で、施術時間は5分前後ととても手軽な治療方法です。ボトックス注射による治療効果は一時的なものですが、それでも半年から1年くらいは効果が続きます。多汗症が改善されれば、汗による体臭やワキガなどが軽減されることも期待できるのです。ボトックス注射を用いた多汗症の治療とは、手術をするほど深刻な症状ではない人や、手のひらや足の裏など体の末端部に汗をかきやすい部位がある人、汗の臭いがあまりしない人などです。注射は痛みがつきものですが、筋肉注射のような痛みがきついものではなく、エクリン汗腺にボトックスを注入します。ボトックス注射は、施術後2、3日で効果が確認できるようになり、1週間ほどて効果が実感できます。多汗症の治療を持続して受けることで、段々と効果が持続する期間が長くなり、中には1年に1回で済む様になったという人もいるようです。