知っておきたい多汗症の症状と治療法について

知っておきたい多汗症の症状と治療法について

汗のかく量が多すぎて、多汗症だと言われる人がいます。誰でも汗を掻きますが、汗の種類にも色々あり、暑いから汗をかいたり、極度の緊張から汗が出たり、体調を崩して冷や汗を掻いたりと様々です。大抵の場合、汗をかくのはその時限りのものであり、たくさん汗をかくとしても、拭けば問題ない程度のものに過ぎません。ただし、多汗症の場合はその限りではなく、常に汗をかき続けていることがあります。汗をかけばその場所は冷たくなりますし、蒸発する時に気化熱を奪いますので、汗の多いところは体が冷たくなってしまうという弊害があります。お肌のコンディションが悪くなったり、渇水感が常に続いたりします。大量の汗が不都合な状態を引き起こさないようにするには、症状に合わせて対策をとることが重要です。多汗症はれっきとした病気なので、ちゃんとした治療が必要であり、病院で適切な治療をしてもらえば大体の多汗症が治るとされています。緊張が長時間続いて交感神経が過敏になるなど、精神的な影響も多汗症にはあります。体質的な問題はあるものの、主な要因は精神に負担がかかりすぎているという場合、ストレスの除去を考える必要があるでしょう。なぜ多汗症になるのか未だ解明されていないことも多いため、一足飛びに手術や治療をする前に、生活習慣の改善やストレス対策などをしてみることです。多汗症のメカニズムは明確になっていないので、手術を受けて治療せずとも、精神的な要因や、食事の改善で、症状が軽くなることもあります。