お腹の脂肪を減らしてメタボの予防を

お腹の脂肪を減らしてメタボの予防を

体脂肪が増えすぎないようにすることで、メタボの予防ができますので、取り組んでみてください。

 

高血圧や、糖尿病、動脈硬化などのリスクは、メタボの人ほど高くなります。

 

健診を受けた時は、年配の人はメタボ診断をして、メタボではないことを確認します。

 

内臓脂肪が多すぎたり、体脂肪率が高くなっていると、メタボ健診で引っかかります。

 

毎日の食事内容を見直し足り、規則正しい生活を意識することで、メタボ予防に取り組めます。

 

一日に消費するエネルギー量が、筋力低下と共に減少することが、加齢と共に体重が増える要因です。

 

筋肉を使うことがあまりない日々を送っていると、必要とされなくなった筋肉は少なくなります。

 

カロリー過多な食事を続けていると、体脂肪率が高くなりすぎてしまうので、気をつけてください。

 

お酒の飲み過ぎは太る原因になりますし、甘いお菓子ばかり食べているとメタボ体質になりやすいといいます。

 

と甘味やお酒以外のストレス解消法を探して、習慣づけるようにするといいでしょう。

 

運動不足を解消し、スポーツや散歩でたくさん汗をかくことで、精神的にもリフレッシュし筋肉も多くなります。

 

食事内容に気をつけて、階段を意識して使うなどして、カロリー消費量を増やし、メタボ予防をしましょう。