体脂肪が燃焼する仕組み

体脂肪が燃焼する仕組み

体脂肪を燃焼させるには、体を動かすなどして体温を上げることがきっかけになります。

 

体温の上昇により血糖値が下がり、下がった血糖値を安定させようと、グルカゴンという成分が分泌されます。

 

それに伴い、脂肪分解酵素リパーゼの作用によって、グリセリンと脂肪酸が体脂肪がつくられます。

 

脂肪酸は血液の中で燃焼され、活動のために必要なエネルギー源となります。

 

運動をする時には筋肉を動かしますが、筋肉を動かすために必要なエネルギーは脂肪酸であり、血液に乗って運搬されてきます。

 

体脂肪が燃焼する仕組みの中でのポイントは、体温の上昇と血糖値の低下にあります。

 

血糖値は空腹状態になると下がりますし、運動をすることで体温を上げることで、血糖値を下げることも可能です。

 

体脂肪1kgを燃焼させるのに、約7千キロカロリーのエネルギーが必要と言われています。

 

7000キロカロリーに相当する運動をするか、食事を減らすかすることでダイエットになるというのが、数字から計算できることでしょう。

 

ダイエットは瞬間的にできるものではなく、体脂肪を燃焼し終わるまでにはかなりの日数がかかるといいます。

 

体脂肪を減少させるダイエットをさせるには、脂肪燃焼を促進する方法を考えることです。

 

健康を害さない為にも、無理せずゆっくりと体脂肪を燃焼できるようにダイエットを実践することが大切です。