頬への脂肪注入

頬への脂肪注入

どのような方法で頬への脂肪注入をすれば良いのでしょうか。

 

不健康な印象や年を取ったように見えるのが、頬がこけている場合です。

 

頬骨が浮かびあがって、きつい雰囲気の顔だちに見えてしまう人もいます。

 

ふっくらとした頬をしていたほうが、女性らしい柔らかさがあるものなので、引き締まった小顔は憧れとはいえそれだけでは魅力的とは言えないのではないでしょうか。

 

場合よっては骨格の関係で、頬がこけたように見える人もいるといいます。

 

頬にヒアルロン酸や脂肪を注入することで可能になるのが、頬のこけを解消することです。

 

ヒアルロン酸注入は比較的手軽にできる施術ですが、効果は数年です。

 

脂肪の注入は、永続的な効果を希望する場合におすすめです。

 

余分な脂肪をおなかや太ももから吸引し、頬に注入するという方法だそうです。

 

自分の脂肪を使うため拒絶反応が起きにくく、安全性が高いといいます。

 

頬に注入した脂肪の約半分は体内に吸収されずに頬によくなじみます。

 

おすすめなのは、自分の希望のフェイスラインを1度の脂肪注入手術では作ることは困難なため、何回かに分けて様子を見ながら行うというやり方です。

 

何か他の頬のこけに対する対策はあるのかというと、解決策は脂肪注入やヒアルロン酸注入だけというわけではないといいます。

 

表情筋の衰えやかみ合わせのズレやが原因のときには、改善を歯科矯正や表情筋のエクササイズでできることもあるといいます。

 

頬のこけが気になったなら、脂肪注入の前にまずは原因を突きとめることが大事です。