胸への脂肪注入

胸への脂肪注入

豊胸手術の1つといわれているのが、脂肪注入法です。

 

自分自身のおなかや太ももの皮下脂肪を吸引し、吸引した脂肪を胸に注入するという方法です。

 

効果の持続時間は長くなりますが、施術時間は脂肪吸引が必要なぶん、ヒアルロン酸を注入するよりかかるでしょう。

 

ありがたいのは、自分の脂肪なのでアレルギーや拒否反応の心配がないことでしょう。

 

脂肪は胸の脂肪層に注入された場合、毛細血管に少しずつ取りこまれていくといいます。

 

個人差はありますが、注入した脂肪のおおよそ半分がバストの体内組織として正着し、半永久的に豊胸効果が得られます。

 

メスを使う手術のように痕が残る心配もなく、体への負担も少なく済むのは、脂肪を注入する方法には特殊な注射針を用いるからです。

 

吸引した脂肪は生理食塩水で洗淨し、状態のいい脂肪細胞を選んで注入します。

 

効果的にバストラインを整えることも、注入する部位や量を選べるため可能となります。

 

多くの場合、重要なイベント時など特別なときを想定して使われるのが、効果期間の短いヒアルロン酸を用いた脂肪注入です。

 

効果が長く続くという脂肪注入は、豊胸術としてはより効果的なものであるといえるでしょう。

 

永続的なバストアップを希望する人や、胸にバッグなどの異物を挿入するのは避けたいという人向けです。