顔のたるみの解消には表情筋のトレーニングが効果的

顔のたるみの解消には表情筋のトレーニングが効果的

皮膚のたるみを気にしている人は大勢いますが、皮膚がたるむのは表情筋が衰えているせいでもあるので、表情筋を強化するようにしましょう。年齢を重ねても若々しくいたいという人は多いですが、皮膚のたるみは老け顔の原因になります。年をとると、人間の体は筋力が低下しがちです。顔の表情筋も例外ではなく、年をとると衰えてくるため、皮膚がたるみ始めます。たとえば一人でいる時間が長い方は、しゃべることが少ないので、表情筋を動かす機会が少なくなる傾向があります。使われない筋肉は次第に衰えていき、顔の肌をしっかりと支えることができなくなり、顔のたるみにつながってしまいます。顔の皮膚がたるまないようにするには、表情筋を意識して動かして、衰えないようにすることです。顔のパーツを色々と動かしてみることで、表情筋のトレーニングを行うことができますので、試してみてください。自分の顔を鏡に映し、いつもと違う表情をつくってみることで、表情筋を動かすことが可能です。表情筋の運動では、眉をできるだけ広い範囲で動かしたり、大口を開けたり、目を力一杯閉じたりすることで、エクササイズになります。短時間で顔に疲れを感じたら、それは普段表情筋を使っていないというサインです。顔のたるみが気になったら、お手洗いやお風呂の時などちょっとした一人の時間に表情筋を動かしてみてください。美容や、お肌の健康に関心がある人は、表情筋を鍛えて顔のたるみを改善し、ハリやつやのある美しい皮膚になるようにしましょう。