女性用育毛剤を使う意味

女性用育毛剤を使う意味

近年では女性用育毛剤を使う人が増加していますが、女性用育毛剤を利用する時に気をつけたいことは一体何でしょう。

 

年齢と共に髪が減るのは男女とも同じですが、男性と女性では薄毛の理由が違うため、育毛剤も別々になっています。

 

男性の場合は、男性ホルモンの分泌量が原因で薄毛になります。

 

女性の場合は出産や加齢によるホルモンバランスの乱れや、ダイエットによる栄養不足、ヘアケアによる頭皮への負担などが薄毛の原因になっています。

 

男性用育毛剤には、男性用ホルモンの分泌を抑えるための成分が配合されているものがあります。

 

男性用育毛剤を女性が使うと、男性ホルモンの抑制成分で副作用が出ることがあります。

 

男性用育毛剤に関しては、妊娠中の女性はくれぐれも注意しましょう。

 

皮膚接触で体内に取り込んでしまうことも割けなければなりません。

 

ミノキシジルやプロペシアが含まれている男性用育毛剤は、胎児に尿道下裂等の障害を及ぼすことがあります。

 

育毛剤が男性用と女性用に分かれているのはれっきとした理由があってのことであり、ないがしろにはできません。

 

男性用育毛剤には男性特有の過剰な皮脂を除去するためにアルコールなどの洗浄成分をたくさん含みます。

 

乾燥肌の女性の頭皮には、洗浄剤の多い育毛剤は逆効果になることもあるといいます。

 

女性用育毛剤選びでは、まず自分の頭皮と髪のコンディションを知ることです。

 

そして男性用育毛剤は使わず、必ず女性用育毛剤であることを確認してください。