壮年性の脱毛症について

壮年性の脱毛症について

遺伝が原因で脱毛症状が起きるものを、壮年性脱毛症といいます。

 

一般的にはゆっくりと数年かかって進行するものです。

 

最初のうちは壮年性脱毛症が目立たず、ある時を境に急に頭髪が減っていることに気づくという髪型もあるため気をつけましょう。

 

休止期、成長期、退行期という3つの時期が髪にはあり、常に新しい毛に生えかわっています。

 

壮年性脱毛症になると、成長期が1年程度しかありません。

 

毛包という毛穴の下にある髪の毛を囲む組織が小さくなってしまい、毛は細くて短くなってしまうわけです。

 

男性ホルモンの分泌量が増えることが、壮年性脱毛症の原因です。

 

頭髪の抜け毛が増える反面、胸毛やひげはより太く、硬い毛が生えるようになります。

 

壮年性脱毛症、一般的には若ハゲなどとも呼ばれ、男性に多いのですが女性でも起こる症状です。

 

皮膚科では、円形脱毛症とよく似た治療をします。

 

自分自身の別の部位の毛を頭につけるという、自家植毛手術もあります。

 

使う体毛は、皮膚ごと切って採取したものです。

 

壮年性脱毛症の進行は初期段階でストップさせることができるため、早めの対策が大事です。

 

皮膚科や脱毛症の専門医などに診てもらうことをおすすめします。