広がる髪の悩み

広がる髪の悩み

髪のお悩みの定番といえば白髪や薄毛ですが、中にはそれ以外の原因もあるようです。

 

湿気が多い季節の髪広がりやくせ毛の悪化、うねり、ぺちゃんこ髪などの悩みです。

 

湿気が多い日は髪のブローがきれいにできないという人もいます。

 

どんな仕組みで、髪はまっすぐに伸びたり、うねって広がったりするのでしょう。

 

湿度の高い日は、髪が水分を吸収しがちです。

 

髪にはキューティクルという層があり、この層の剥がれ目から水分は入ります。

 

コルテックスという物質がキューティクルの下層に存在しており、水分を含んでいきます。

 

水分を含んだ部分が広がりやうねりの原因になります。

 

髪が広がる悩みのある人は、キューティクルがはがれた部分を作らないように髪をケアすることが重要です。

 

ダメージを受けている髪は、湿気の影響で広がりやすくなっています。

 

湿度が高いと髪の内部にまで水分が入りこむのでもともと髪の毛が細くハリやコシがないとボリュームダウンしてしまいます。

 

雨の日に髪がうまくまとまらないという悩みがある人は、髪のブローで改善できるとされています。

 

まず、半分くらいまでドライヤーで髪を乾かします。

 

まだ髪がしっとりしているうちにトリートメント剤を髪のまんべんなくつけていきます。

 

ブローをする時は、根本から癖をつけるように意識しながら、八割方乾燥するように乾かします。

 

湿気の多いときの髪で悩んでいる人はいつものセットより少し手間をかけて工夫することで解決できるかもしれません。