男性の髪の悩み

男性の髪の悩み

男性の髪の悩みといえば、薄毛ではないでしょうか。

 

薄毛を気にする男性はかなり多いようですが、実は薄毛を気にする男性の3割は頭髪を気にかけすぎる思い込み薄毛だといわれています。

 

人間の髪は、根本の毛球が2年〜6年で退化して抜けます。

 

そして新しい髪ができてくるというわけです。

 

古くなった毛が抜け、新しい毛が生えるのはごく自然なことです。

 

男性型脱毛症は、部位によって新しく生えた毛が1年程度で抜けおちてしまうもので、特に頭頂部と生えぎわが薄くなります。

 

頭髪が太くなる前に抜け落ちるというサイクルになるので、細く短い毛が生えることになり、見ためが薄くなってしまうのです。

 

薄毛を気にする男性の多くは、多少のお金がかかっても治療したいと思うものです。

 

とはいえ、十分に髪があるのに薄毛だと思っている男性もいます。

 

正常な頭髪にもかかわらず治療をしようとする人の多くは若い人だといいます。

 

髪をとかしていたらいつもより多く抜けたとか、父親の髪から薄いからと過度に心配する人もいるようです。

 

あまりにも薄毛に関して悩みすぎて、うつになったという方もいます。

 

薄毛を改善するよりも、心療内科にかかる方が症状の改善につながったりします。

 

人によっては、心療内科に行くことで薄毛の悩みがなくなる人もいます。

 

髪の悩みを解決するためには、単純に薄毛治療をするだけではなく精神的な問題にも目を向けることが重要だといえるでしょう。