上手な保湿化粧品の選び方について

上手な保湿化粧品の選び方について

スキンケアで大事なことは保湿ですので、保湿成分の配合した化粧品の選択はしっかり行いましょう。しっかり保湿ができるかどうかが、美肌の秘訣です。角質層は肌の最も表面にある層で、外部の負荷から肌を守る働きを有しています。肌の防御能力を保持するには、角質層に水分が保たれていて、外部からの刺激をシャットアウトできる状態にあることが大事です。乾燥した状態の肌は、外部刺激を遮ることができなくなります。そのため、肌のシミやシワができやすくなったり、ニキビが増えたり、紫外線や汚れによる皮膚への負担が大きくなったりするのです。肌の防衛機能を高めるには、保湿能力を向上させることです。最近は、保湿成分を配合した化粧品の種類も多くなっていますが、数えきれないくらい種類があって、選ぶだけでも一苦労です。新しく基礎化粧品を選ぶ時には、保湿成分であるヒアルロン酸や、コラーゲン、NMF、細胞間脂質セラミドが含まれているものがお勧めです。セラミドは保湿力の高さでよく知られており、肌細胞の間を埋めて、水分が逃げていかないようにしてくれます。セラミドを補給することで、肌の保湿力を向上させ、肌の健康や美容効果を高めてくれる働きもあります。基礎化粧品を選ぶ時には、添加物の有無にも注意しましょう。過度に添加物が使われている化粧品は、肌に悪影響を及ぼす可能性があります。添加物が多い化粧品を使っていては、どれだけ保湿成分が含まれていても肌にとってはいい効果を期待できません。