無添加の基礎化粧品とは

無添加の基礎化粧品とは

近年では無添加基礎化粧品を使う人が増えているようですが、無添加基礎化粧品とはどういった商品を指すのでしょう。

 

本当に無添加基礎化粧品とは安全なものなのでしょうか。

 

そもそも無添加とは何も添加されていない、配合されていないという意味です。

 

基礎化粧品には無添加であることを全面に押し出す商品もありますが、ただ無添加というだけでは香料のことか着色料かわかりません。

 

基礎化粧品を選ぶ時は、単に無添加と書いてあればOKとみなすようなことは危険です。

 

かつて、無添加の基礎化粧品という言葉は、表示指定成分の有無を示していました。

 

表示指定成分というのは1970年に厚生省がアレルギーを引き起こす可能性のある成分として指定したものです。

 

この時、表示指定成分が配合されていないものを無添加といい、無添加基礎化粧品という名称ができました。

 

2001年になると表示指定成分制度そのものがなくなり、化粧品メーカーは配合された成分をすべて表示しなければならなくなりました。

 

成分を全て書き出す仕組みになったことで、使われている成分が一目瞭然になりました。

 

現在でも、無添加基礎化粧品という売り文句で安全性をPRしている化粧品会社は数多く存在しているようです。

 

無添加と書かれてはいるものの、その定義が不明な基礎化粧品も存在します。

 

無添加基礎化粧品といっても、成分はさまざまなのでしっかりと知識を持って選んだほうが良いでしょう。