無添加基礎化粧品の効果

無添加基礎化粧品の効果

日ごろから、無添加の基礎化粧品を使う人が増加しています。

 

無添加基礎化粧品とは肌にさまざま影響を与える成分が入っていない化粧品のことをいいます。

 

原材料に石油を使っている基礎化粧品は、様々なものがあります。

 

お肌がデリケートな人は、化粧品や外気などの刺激ですぐに肌が荒れてしまったり、表面がガサガサになってしまうことがあります。

 

人間の肌は、刺激から肌を守るための防御機能が備わっていますが、敏感肌の人はその防衛機能が弱まっています。

 

バリア機能とは外部からの刺激を跳ね返すものです。

 

改善するためには規則正しい生活と、肌の質を改善する体質改善をする努力が必要です。

 

一朝一夕でできることではありませんので、気長に取り組むことが重要です。

 

環境と体質が改善されるまでの間は肌にできるだけ優しい基礎化粧品で肌のお手入れをする必要があります。

 

皮膚にダメージを与える心配がないため、無添加の基礎化粧品ならば気がねなく利用することができます。

 

基礎化粧品は無添加のものを選び、肌に過度な刺激を与えないよう気をつけつつ、食事や生活内容を見直して肌本来の防衛力を高めていきましょう。

 

従来通りの基礎化粧品を使っており、自分は敏感肌ではないという人でも、肌は断続的に刺激を受けていることもあります。

 

無添加の基礎化粧品に変えてみるのもおすすめです。