住宅ローン特約の特徴と注意点について

住宅ローン特約の特徴と注意点について

住宅ローン特約は、住宅を新たに購入する時につける特約の一つで、事前にトラブルの予防ができます。家を買うことと、住宅ローン特約の関係性を理解していない人もいます。不動産の売買契約を締結する場合、売買代金が高額になることが多いので、買主は銀行から融資を受けることを前提として契約を締結することがあります。タイムラグの関係で、金融会社からの住宅ローン融資の審査結果を確認する前に、売買契約を取り交わすことがありますが、そういう時には住宅ローン特約をつけておくことが大事です。不動産売買の契約を白紙にできる合意のことを一般的にローン特約と呼ばれています。住宅ローンを組んで、不動産を買う予定がある人は、ローン特約について把握しておくようにしましょう。金融会社に住宅ローンの申込みをして、審査を受けたところ融資不可という返答が来た場合に、どういう段取りにしておくかをローン特約では明らかにしておきまし契約の話をなかったことにすることで、売買契約をした時に支払われた手付金は、返すという取決めになっています。買主に対して手付金が返還できないと主張することは出来ないとされているのが、ローン特約の特徴です。手付金の支払いが必要かどうかは、住宅を買う時に契約をとり交わした時の内容にまとめられているようです。契約解除が適用となるのは、故意にローン審査を不利にするような行為が行われていない場合に限ります。わざと、住宅ローンの審査で不利な結果が出るように立ちまわっていると、ローン特約を使えなくなりますので配慮が必要になります。