住宅ローンの審査が通らなかった場合に役に立つ特約について

住宅ローンの審査が通らなかった場合に役に立つ特約について

マンションや住宅などは高額な買い物になりますので、住宅ローンを組むことで購入資金に充てる人がいます。住宅ローンは申込時には必ず審査があるので、融資の可否が判明するまでしばらく時間がかかります。融資が可能かどうかの結果が出る前に、不動産の売買を成立させる例も少なくありません。不動産の売買契約を結ぶ際には必ず、住宅ローンの特約を付けることを忘れないようにしましょう。ローン特約と呼ばれるもので、不動産の売買契約を結んだ後、予定していた住宅ローンが利用できない事実が判明した場合に、売買契約を白紙に戻せる仕組みになっています。あてにしていた融資が借りられなくなったのに、住居の売買契約は続行で、資金調達に奔走することになることが避けられます。特約をつけて、もしもの事態に備えておくことによって、売買契約に伴って発生しやすいトラブルを未然に回避することができます。もしも、住宅ローンの特約無しで、不動産の売買契約を成立させてしまうと、審査が通らずに購入しない事になったとしても、手付金が戻ってこない場合があります。売買契約のタイミングで手付金を支払うことが多いですが、ローン特約が発動すれば売り主から手付金を返還してもらうことができます。残念ながら契約不成立になっても、買い主が金銭を負担することなく終わらせられるのが、最大のメリットです。相手の判断によっては、契約不履行によって損害賠償金を請求される危険もあります。住宅ローン特約をつけた上で売買契約を交わすことで、住宅ローンが利用できなくなった時でも、問題が悪化しないように手を打っておけます。