低金利でお金を借りることができる教育ローン

低金利でお金を借りることができる教育ローン

授業料や、入学金にするお金が不足している場合は、教育ローン融資を受けるといいでしょう。フリーキャッシングは借りたお金の使い道が決まっていない融資サービスですが、それとは別に用途を決めて借りる融資があります。目的型ローンの中でもよく知られているものが教育ローンです。教育ローンでは、教材費、授業料、入学金などに使えるお金になります。教育ローンによく似たものに、奨学金があります。奨学金も使い道は制限されていますが、学生本人が融資を受け、本人が返済をするというものです。教育ローンは主に公的な機関や銀行などの金融機関で取り扱われており、原則的に無担保で利用することができます。融資の金額が大きくなるなどの理由があれば、保証人がいることもあるようです。教育ローンの融資限度額は、300万円〜500万円くらいが一般的ですが、金融会社によって上限の設定の仕方は違っています。教育ローンの強みは、無担保のローンとは思えないくらいの低金利の融資です。目的型ローンは、フリーローンよりも低い金利に設定されているところが多いようです。フリーキャッシングは18%かそれより少し低いくらいですが、教育ローンは2〜3%という低金利です。また、目的型ローンは、年収の3分の1を越える借り入れをしてはいけないという総量規制が該当しません。そのため、総量規制に関係なく融資を受けることができます。返済期間は5〜10年程度は設けられている場合が多いので、余裕をもった返済が可能です。教育ローンを利用すれば、子供の進学希望先がお金のかかる学校だった場合にも、学ぶために必要なお金を出すことができます。