税金が安くなる住宅ローンの減税制度について

税金が安くなる住宅ローンの減税制度について

新規に住宅を購入し、住宅ローンを組んだ年からは、住民税及び所得税を減額可能です。住宅ローン控除についての基礎知識や控除を受けるための手続き方法について調べてみました。住宅ローン控除とは通称名であり、正しくは住宅借入金等特別控除という種類の控除になります。年末に、住宅ローンの返済が終わっていない場合、残高の1%が対象額になります。減税対象は住民税や、所得税などで、金額は計算が必要です。10年間が住宅ローン控除の申請ができる期間であり、12月末のことを年末といっています。わかりやすく言うと住宅ローンを払い始めてから最初の10年間は、所得税や住民税が安くなる制度だと覚えておけばいいでしょう。住宅ローンを利用する目的が、家を買った時だけでなく、リフォームのためだとしても、場合によっては税金の控除が可能です。マイホームを購入したり、リフォームをする時に住宅ローンを借りるのであれば、すべてのケースが住宅ローン控除の対象になるかというとそうではありません。フラット35や、銀行の住宅ローンなどで融資を受けた場合には、特に問題なく住宅ローンの控除を受けられるようです。いわゆる金融機関から住宅ローンの借り入れを受けていれば、住宅ローン控除の対象になっていると考えていいでしょう。住宅ローンの控除を受ける条件はいくつかありますが、そのうちの一つが、金融機関から借りることです。例えば、会社の従業員向けの貸付などは対象にはならないので、事前に確認しておく必要があります。