キャッシングとクレジットカードの違い

キャッシングとクレジットカードの違い

最近、キャッシングやクレジットという単語を聞きますが、これら2つの単語はどう違うものでしょう。

 

クレジットカードのクレジットとは信用という意味です。

 

クレジットカードは信用によって商品を買うためのカードなのです。

 

現金を支払わずに、クレジットカード会社に代理で支払いをしてもらうことができます。

 

旅行時の保険として利用できたり、マイルやポイントを貯めることができるクレジットカードもあるようです。

 

信販会社や、クレジットカードの発行会社からカードを作ってもらうことができます。

 

一方、キャッシングとは現金の融資を受けられるというものです。

 

キャッシングとは消費者金融、信販会社、クレジット会社などから現金を借りることなのです。

 

つまり、買い物をツケにしてもらうのがクレジットカードであり、現金を直接借りるのがキャッシングです。

 

クレジット会社の中にはクレジット機能とキャッシング機能の両機能がついたクレジットカードを取り扱っているところもあります。

 

ですが、より大口の借り入れを受けたい場合、クレジットカードよりはキャッシング用のカードの方が使いやすいようです。

 

キャッシングカードを使う時には、キャッシングだけという形式で融資を受けるケースが大半です。

 

お金を借りる手続きを、ATMにカードを入れて行うことができます。

 

多目的に利用したいならクレジットカード、まとまったお金を借りたいのならキャッシングカードを選ぶのがおすすめです。

関連ページ

低金利のキャッシングを利用した時のメリットについて
低金利でお得にキャッシングを利用する
キャッシングの審査に通る人と通らない人
キャッシング申し込み時の審査の対策について
キャッシングの審査のために注意すべきこと
キャッシング申込み時には審査基準を比較すること
初めてキャッシングする時は業者を比較することが大切
キャッシングが利用できない場合の信用情報について
キャッシングを利用した時の個人情報について
キャッシングの返済トラブルと信用情報の記録について
無利息サービスのあるキャッシング会社
無利息でお金が借りられるキャッシングについて
無利息キャッシングのメリットとデメリットについて
キャッシングでお金を借りることのできるカード
便利に利用できるクレジットカードのキャッシング
現金が必要な時はクレジットカードでのキャッシングが便利
無利息で借りることの出来るキャッシングサービス
レディス専用のキャッシングサービス
キャッシングのできるクレジットカード
クレジットカードでキャッシングする時の注意点
キャッシングのサービスとは
クレジットカードのキャッシング機能とは
クレジットカードのキャッシング枠について
クレジットカードでキャッシングするメリット
利便性のメリットがある消費者金融のキャッシング
融資の早さにメリットがある消費者金融のキャッシング
消費者金融でキャッシングをする場合の特徴
インターネットで利用できるキャッシング
インターネットで申し込みや借入が出来るキャッシング
インターネットからキャッシングを申し込む際に気を付けること